ボーイスカウトの講習会
日曜日に、haruのボーイスカウトの講習会に参加してきました。

講習会、と聞こえは堅いけど、
紐の結び方を教わったり、折り紙を折ったり、
班に分かれてのゲームだったり。
ディスカッションだったり。
セミナーの頃を思い出しました。

もちろん、講師の先生のお話がメインでしたが
楽しい時間を過ごせた1日でした。

参加者はほとんどが大学生のお兄ちゃん達。
そこに、子供がボーイスカウトに入ってるからという
私をはじめ主婦層が4~5人。

大学生のお兄ちゃん達は、幼い頃から今もボーイスカウトで
活躍している現役のお兄ちゃん達。
ものすごく親切で、リーダーシップもとってくれて
さすがボーイスカウト!と感心させられました。

手先の不器用な私は、
チーフリングもその大学生のお兄ちゃんに作ってもらいました。

NEC_0003.jpg

そして、荷物用のロープでこんな技も!

NEC_0002.jpg

ボーイスカウトは年長さんから入隊できます。

ビーバースカウト

カブスカウト (haruはこの9月からカブになりました)

ボーイスカウト

ベンチャースカウト

ローバースカウト

と上進していきます。

活動は主にハイキングやキャンプなどの野外活動。
この講習会の日も、haruは六甲山までハイキングでした。

あとは、募金活動や、区民祭りのゲーム係したり、
年末には火の用心にも行きます。

小学校高学年のボーイスカウトくらいから
中3のベンチャーになるこの時期に、
部活等で退団する人が多いらしい。

でも、それを乗り越えたら、自主活動、自己の啓発に
取り組むことがとても楽しくなるらしい。
グループでの活動も、自分達の責任で、企画を練り
遂行できて、達成感を味わえるという。

そして、そのボーイスカウトでつちかったものは、
社会に出た時に、人間関係を円滑にさせることや、
他人の気持ちになって考えて行動できることで、社会に貢献できる
のだという。

まさに、
「自ら考え、判断し、行動に移せる勇気をもった人間の育成の場」 だと思いました。

そんなことを聞いていると、
haruも大人になってもボーイスカウトを続けてほしいなぁ、と思う。

今までは、haruをボーイスカウト任せにしてたな、と反省。
講習会に参加して、もっと奥深いところまで知ることができて
自分も関わっていかないとなぁ、と思いました。

でも山登りだけは・・・

カンベンしてくれぃ (T∇T )( T∇T)

みなさん、お近くのボーイスカウトがあれば、ぜひ体験してみてくださいね。
女の子もボーイスカウト入団、大歓迎です \(*^▽^*)ノ。


スポンサーサイト
家族のこと |コメント:0 | トラックバック(-)| 2009/10/20(火) 23:20:00
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する